エクステの素材

人工のエクステ

エクステは地毛ではなく、装着するものです。100パーセント人の毛でエクステのする場合と人工毛のエクステ、ミックス毛エクステの3つを比べてどんなメリットがあるのでしょうか。

人工エクステのメリット&デメリット

人毛のエクステよりも、人工毛で作られたエクステの方が、料金がとても安いのが人工エクステの魅力です。見た目にもそんなに差が出ないので、長さを出したい。ボリュームを出したいからたくさん装着したいといった場合には、大きく値段が変わってくるので人工毛は価格が安いというのはとても魅力的です。そして人の毛よりも人工の毛のほうが絡みにくいというのも魅力です。毎日するシャンプーが楽になりますね。そして、人の毛エクステよりも人工エクステの方が乾きが良い。というのも魅力です。但し、人工毛のエクステを装着してカラーリングをすることは出来ませんが、人工毛はカラーのバリエーションが多いのでカラーリングをしないで最初から好みのカラーを選んで装着すれば、カラーリングが出来ないからとあきらめることはありません。人工毛は少しですがゴワゴワとした手触りになっていて、触った時に不自然な感じになります。そして高温をエクステに加えることが出来ないので、コテやヘアーアイロンを使用することが出来ないというのがデメリットといえます。人工毛なのでカラーリングすることも出来ませんし、パーマをかけることもできません。ウェーブが欲しいのであれば、人工毛でウェーブがかかったエクステを選び、カラーも希望であれば、カラーしてあるエクステを選ぶ必要があります。生理的に人の毛を装着するのに抵抗があるなら、人工毛のエクステは特にお勧めになります。

人の毛エクステのメリット

サロンでエクステをしてもらう場合、エクステの種類は人毛が主流になっています。見た目には人工か人の毛なのか、といった見分けはほとんど分らないのですが、手で触った時の感触には大きな差があります。人毛の方がサラッとした軽い質感になっています。そして自分の髪の毛になじみやすいというのが大きな特徴です。そして、エクステを装着している時にも地毛と同じような感覚でエクステを扱うことができます。もちろんシャンプーなど手入れに気をつけてあげる必要がありますが、高温を加えることが出来るのでヘアーアイロンやコテ、ドライヤーも安心して使用することができます。

カラーリングはどうかというと、地毛とエクステ部分で染まり具合に差が出てくるのでエクステを装着している時にはカラーリングは避けた方が無難です。エクステ用の人毛は亡くなった人の髪の毛なの?と心配される方もいらっしゃるようですが、それはありません。中国内陸部やベトナムといった国で専門の業者が買い集めています。お年寄りの髪の毛の質よりも、若い少女の髪質の方が良いので若い長い髪の毛の女性の髪の毛を買うようです。そして無理やり切るということもなく、髪質と長さを見て値段の交渉をします。髪の毛を売る側が、業者の価格に納得した上での髪の毛の買取です。買取されて、集まった髪の毛は専門の工場に運ばれて、髪の色・長さ・毛質といった種類で分けられてランクが付けられていきます。そして、髪の毛を洗浄してから薬液で処理されて、癖などがないように真っすぐにして、一度脱色します。脱色をしてから着色されます。そして、処理された髪の状態が定着するように薬液で処理されて、エクステの完成です。馴染みやすいように処理されているので、エクステを装着した時の違和感もあまり出ないというのが人の毛エクステの最大のメリットです。

ショートヘアーで女子力アップ?
株式会社ワールド・ワン2〜3月のシーズン中の不動産屋さんは大変混雑していて、ゆっくり相談できないこともありますので、自分の希望するお部屋の条件はしっかりと決めていきましょう!

エクステ装着方法

サロンでエクステを装着してもらう時に、どの方法で装着してもらうのか事前に確認しておきましょう。サロンによっては、扱っていないところもあるからです。最近はエクステ専門店もたくさんあるので、事前にエクステ専門店に確認したほうが安心ですね。エクステを既に装着済みで、エクステをいったん外してもらって再度エクステをする場合に別料金のことも多いので、事前に確認してみてください。

編み込み式

一番外れにくいエクステが編み込み式です。四つ編みを地毛とエクステに編みこんでいく方法です。四つ編みは、サロンのスタッフ2名で編み込みをしていきます。エクステを装着する1本あたりの毛量の量と、カラーの調整がしやすいというメリットがありますが、四つ編みなので装着している部分の違和感はあります。装着している編み込み部分が邪魔になるので、シャンプーがやりずらい。そして四つ編みをしていくので、エクステ装着するのに時間がかかってしまう。という点もデメリットです。装着する時は大変ですが、エクステを外すときは、編み込んでいる部分を縛っている糸ゴムを切っていくだけなので、これなら自分でも簡単に糸ゴムを切っていくことができます。

ケラチンエクステ(超音波エクステ)

ケラチンエクステは、エクステの根もとについたケラチンを接着剤として使います。ケラチンは毛髪に似た物質なのでなじみやすくなっています。超音波でケラチンを溶かして、髪につけていきます。超音波はケラチンの部分にしか反応しないので、地毛にダメージを与えずにヘアアイロンのように余計な熱が加わることもありません。ケラチンをヘアアイロンで溶かすようにしながら髪につけていきます。

ケラチンは髪の主成分のタンパク質ということもあって、装着した部分の髪がダメージをほとんどないという特徴があります。そして接着した部分も白くはなりません。ただとても高価です。高価なので部分的につけて自然な仕上がりになるので、一度ケラチンエクステをするとリピートしたくなるようです。1本あたりの毛量の加減も簡単になっているので、毛先が薄いのがなったりボリューム不足には向いています。他の接着剤でつける方法よりも外れにくいというメリットもあります。ヘアアイロンを使ったケラチンエクステよりも外れににくいので、大体2~3か月エクステが持ちます。超音波ケラチンエクステをした場合には、専用のリムーバーで取り外すので、まず自分で取り外すことはできません。また超音波ケラチンエクステは装着するときに時間がかかります。

チップ式エクステ

チップ式でエクステを装着する場合は、エクステの根もとに付いているチップをペンチで挟んで地毛の髪の毛にペンチでつぶして付けていきます。毛量の調整が難しいので、チップに通す髪が少なすぎてしまうとチップはすぐに外れてしまい、多すぎるとペンチでつぶす時に地毛の髪が切れてしまうこともあります。編み込みよりも取り付けが早くできるので、スタイリストが1人でも施術が出来て時間も早く済むというメリットがあります。エクステの本数が多いと、チップの分があるので重くなってしまいます。装着時間が短いので、自分で出来るセルフエクステとして人気があります。自分でエクステを取り外す時は、チップをペンチで緩めないとチップが外れないので、慣れるのに時間がかかるかも?!デメリットは、金属で地毛に装着するので地毛が痛みやすいことです。そして金属の摩擦で地毛が切れ落ちることもあります。そして頭皮にチップの金属があたって痛みがでることも人によってはあるかもしれません。

大好き!ボブヘアー!

11ヘアカラー

流行のヘアースタイル特集

精神的に疲れているときや気分が重いとき、イライラしてしまうときなど、特に心が不安定な状態の場合にアロマヒーリングを受けると、気持ちや精神状態がスッキリと改善する効果があります。 詳しくはオアシスをご覧ください!
新着情報盛りだくさん!本八幡・市川市の不動産(一戸建て・土地)なら優和住宅ゼロゼロ物件など豊富な物件情報であなたをサポート!